ブレイヴコンピュータ株式会社

メーカー/機種実績一覧

600社以上の企業様・57,000台超の契約実績!

Juniper製品の
第三者保守(EOSL保守)サービス

第三者保守(EOSL保守)とは

第三者保守とは、メーカー保守終了【EOSL(End of Service Life)保守】を迎えたサーバーやネットワーク機器、ストレージなど、ハードウェアの安定稼働を第三者によってサポートすることを指します。ブレイヴコンピュータは第三者保守専業ベンダーであり、「つなぎ保守」をサービス名称にしています。メーカー保守終了機器の継続稼働を望まれる企業様をはじめ、IT基盤の最適化を実現されたい企業様や、IT機器を効率よく長期保存されたい企業様など、多くの企業様や団体様にご利用頂いています。

Juniper製品の
第三者保守(EOSL保守)おすすめポイント

こんなお悩みや、
ご希望をお持ちの方々におすすめです。

  • Juniper製品がEOSL(保守サービス終了)を迎える
  • システム更改まで現状の機器を使い続けたいが、保守内製化はしたくない
  • 安定稼働してきたJuniper製のネットワーク機器・スイッチ・ルーター・ファイアウォール・UTM等を、出来るだけ長く利用したい
  • リプレースの時期を調整、先延ばしにすることでコストダウンしたい
  • ハードウェア障害によるシステム停止を防ぐため、豊富な経験と実績を持った専業ベンダーに頼みたい
  • 遊休機を使って、効率的に保守サポートをして欲しい

Juniper製品の
第三者保守(EOSL保守)実績機種

リスト外の機種に関しても順次対応を進めて
おります。お気軽にお問い合わせください。

  • EX2200-48T-4G
  • EX3200-48T
  • EX4200-48T
  • J6350
  • NetScreen SSG-5
  • NetScreen-208
  • NetScreen-50
  • NetScreen-5200
  • SA2500
  • SA4500
  • SRX210H2
  • SSG-140
  • SSG-350M
  • SSG-5
  • SSG-520M
  • SSG-550
  • SSG-550M
  • WXC2600

4つのポイントがあります
ブレイヴコンピュータの
第三者保守の特徴

POINT1

コール・コンタクトセンターで
24時間365日障害受付

  • 自社運用のコール・コンタクトセンターでお客さまに対応
  • 知識と実績を有する自社エンジニアとダイレクトにコミュニケーション
  • 駆付け4時間目標オンサイトなど、選べる4つのサービスレベル
POINT2

クオリティは厳重確認
契約顧客向け専用パーツのストック

  • 国内外のセカンドマーケットから調達し自社内で検品とエージング
  • 契約ごとに専用パーツとして最寄りの保守拠点に保管し定期エージング
  • 複数年契約の場合は保守パーツをワンショット調達
POINT3

自営保守拠点による
全国ネットワークで対応

  • 自社エンジニアだから技術水準が一定
  • 全国の保守拠点から、スピーディにサポート対応
POINT4

国内外の主要メーカー/機種
一括マルチベンダー対応

  • MPSP(マルチプラットホーム・保守サービス・プログラム)適用
  • IT資産管理を容易にする保守窓口の一本化が可能
  • ストレージ、ネットワーク機器、スイッチ、PC等の保守も受託

安心の「延長保守」専業ベンダー

「つなぎ保守」の 7の強み

  1. 600社以上の企業様・
    57,000台超の契約実績
  2. 知識と実績を有する
    自社エンジニアが均一な
    技術で対応
  3. 24時間365日!エンジニアと
    話せる障害受付ダイヤル
  4. 国内外の
    主要メーカー・機種に対応
  5. 契約顧客向け!
    専用保守パーツ
    最寄り拠点にストック
  6. ストレージ、ネットワーク機器
    PC等の保守も受託
  7. 日本9都市にある
    テクニカルセンターから全国対応

疑問 を解消!よくある質問Q&A

無料見積もり・お問い合わせ

ご相談・お見積もりは、お問い合わせフォームまたは下記までご連絡ください。
予約制WEB相談・資料請求のお申し込みも承っております。

フォームからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

【首都圏および全国】
東京本社03-5822-5635

PAGE TOP